Sakura Sake!

SAKE×DESIGN

私たちの身の回りにはデザインが溢れています。例えばファッションにおいては、デザイナーは顧客ニーズと対話しながら、創造・設計を行います。

そして、その設計を職人(ファクトリー)が商品に落とし込みます。つまり、プロの「デザイナー」と、プロの「職人(ファクトリー)」がチームで良いモノづくりをしています。

しかし、これまでのお酒の業界では、ファクトリーである蔵元の想いが先行し、顧客ニーズより先に商品があることが多かったのではないでしょうか。例えば日本酒のアルコール度数は16~17 度帯のものが多いですが、これは誰が決めたのでしょう?アルコール度数は 5 度でも 10 度でも 15 度でも良いはずです。

そこで私たちは日本酒の世界に、デザインという概念を持ち込みました。デザインとは勿論、表面的なパッケージデザインのことだけではありません。度数、コンセプト、香り、飲み方のシーン、そしてパッケージなど。これらを飲み手に近い人間が考える。それが私たちの大切にするデザインです。日本酒が国際的に認知され、国際酒「SAKE」として成長している今、私たちは SAKEをデザインして世の中に送り届けたい!そんな気持ちから、デザイナーズ SAKE「桜咲け!(SakuraSake)」は生まれました。

TEAM

SAKE Design / Yuya Yamamoto
MIRAI SHUHAN Ltd. CEO & Creative Director

SAKE のコンセプト、飲み方のシーン、香りや味の特徴、アルコール度数などの SAKE デザインを行いました。

2014 年まで投資銀行、ファッション、エンターテインメントと日本酒業界とは全く異なる世界で、ひとりの「消費者」として美味しい SAKE を追求し続けてきました。昨年から清酒の世界に転じましたが、あくまで業界人ではなく、「消費者」と「業界」を繋ぐニュートラルな存在であり続けたいと考えています。

本デザインは、東京・六本木ヒルズで「日本酒をカッコ良く」というテーマで開催した KURA FES Night というイベントでお客様から頂いた「日本酒はこうすればもっと良くなるのに」というフィードバックや想いが元になっています。

KURA FES Night at Roppongi Hills, TOKYO

[web site] MIRAI SHUHAN

Product Design / Atsushi Nakashima
Fashion Designer, “Atsushi Nakashima” Creative Director

SAKE の世界観を伝える上で最も大事な要素の一つであるビジュアルプレゼンテーションを創り上げました。

中島篤は、日本人として初めてフランスの代表的メゾン Jean Paul Gaultier でヘッドデザイナーまで上り詰め、その後 Jil Sander などでも活躍、ブランド Atsushi Nakashima を立ち上げ、クリエイティブディレクターを務めるなど、現在に至るまで日本のファッション界に衝撃を与え続けています。

その経験とセンスにより、SAKE のパッケージデザインをグローバルに高い評価を受ける他の醸造酒(シャンパーニュなど)に勝るとも劣らない、創造性溢れるものに仕上げます。

Atsushi Nakashima 2015春夏コレクション

[web site] ATSUSHI NAKAJIMA

Brewer / Masaharu Yamagishi
Four Supreme Brewer, Noto Style Brewer Association

デザインを具現化する SAKE のブリュー(醸造)、この工程は近年注目される「能登杜氏」における四天王の一人に数えられる名杜氏・山岸昭治が担当します。

山岸昭治は、滋賀・福井・石川で 40 年以上にわたり酒造りを行い、常に「米の旨みがしっかりしつつ後口のキレを追求する」酒創りを大切にしてきました。甘みと旨みとキレ、そして香り。トップノートからラストノートまでのストーリーある SAKE を具現化していきます。

醸造は、毎年変わる気候にも影響されます。雪の降る冬から初春にかけての金沢で、昼夜五感を働かせ、集中して最高の SAKE を創造します。


SPEC

究極の食前酒

使用シーン
食前酒

もぎたての果実のような、爽やかでありながら深みのある香りが桜咲け!の特徴です。その香り高さにより、桜咲け!は単独でも十分に楽しんで頂けます。食前酒としてお楽しみ下さい。

推奨スタイル
ワイングラスでのご提供

直径のやや大きいタイプのワイングラスでお楽しみ下さい。香りがグラスの空間いっぱいに広がり、豊かな風味を体感頂けます。

アルコール度数
14度

ワインを飲みなれている方に手に取って頂きやすい、しかしSAKEらしさを失わない度数で創りました。

使用酵母
1801号酵母

華やかな香りが特徴的な酵母を使用しています。

使用米
兵庫県産山田錦

心白が大きく、華やかな吟醸香が特徴の、日本を代表する酒造好適米「山田錦」を使用致します。

精米歩合
40%(純米大吟醸)

雑味を取りのぞき、柔らかな味わいを求めて精米歩合を40%と致しました。

BRAND

ブランド名「SAKURA SAKE(桜咲け!)」

この新しいSAKEを世界に送り出すにあたり、SAKEの特徴を表しながらグローバルでも通用するネーミングを与えたいと思うようになりました。そこで考えたのが「桜咲け!(SAKURA SAKE)」というブランド名です。

桜は日本を象徴する花の一つですが、美しくも儚いものです。親木がその花を育む時間の長さに対して、花の盛りは僅かに数日間です。それでも桜の見せる一瞬の美に多くの日本人が心を奪われ、またその見事な散り姿ゆえに桜は古来より愛されてきました。

この桜の一生は、私たちの創るSAKEの一生とも似ています。

SAKEの原料の酒米は晩春に田植えが行われ、夏の日差しを受けて育った稲が秋に収穫されます。その米を純白になるまで磨き上げたのち、冬に蔵人が想いを持って酒を仕込み、初春まさに桜の咲く少し手前の時期に酒は完成します。そしてでき上がったSAKEは人々の舌で華やかに舞い、一瞬でその役目を終えます。

桜のようにグローバルに愛されるSAKEにしたい、また桜が咲くまでの季節(夏・秋・冬)に、桜の咲き誇る儚くも夢のような時間を心に想い浮かべて楽しめるSAKEにしたい、という意味を込めてブランド名を「SAKURA(桜)」ではなく「SAKURASAKE(桜咲け!)」にしました。

SAKURASAKE(桜咲け!)をグラスに注ぎ、立ちのぼる華やかな香りと共に、夢のような非日常の時間をお過ごしください。


To Buy

MIRAI SAKE & LIQUER

「SAKURA SAKE(桜咲け!)」はお酒のセレクトショップSix Star Sake Brandsにてお買い求め頂けます。

BUY NOW!

COPYRIGHT © MIRAI SHUHAN ALL RIGHTS RESERVED